これから更年期への助太刀を考える腹づもりだ

40料金に攻撃しました。これから私も、更年期障害と呼ばれる時節が間近に迫ってある。

叔母は30代から更年期障害に苦しんでいました。肩こりや、憂うつなど、一般的に訊く更年期障害の恰好が、再び30年齢上記も続いていて鬱陶しいのだといいます。

あんな叔母の話を聞いているうちに不安になり、「更年期障害」に関して調べていて、どきりとしました。なぜなら、そこには、「更年期」は、性の成熟期から、生殖駄目期へのトライ期だと記載されていたからです。

自身は既婚ですが、キッズはいません。頭ではわかっていたことですが、再び「生殖駄目期」という言語を見ると、なんとも言えない厳しい気持ちになりますね。

もとから肩こりも強いし、自律心不調症で苦しんだことも、何度もあります。そういう自身が、後で更年期を迎えたら、どうなるのでしょうか。グングン難しく達するのでしょうか。それとも、今までと至極貫くのでしょうか。

そういった因習だからこそ、こういうさき修行をすることがないように、これから漢方薬など自分でできそうな対応に勝算をつけておこうか、と思い始めてある。

更年期は、誰もが受かる行き来です。だからこそ、多少なりとも明るく、前向きに過ごせるように、自分なりに構想したいと思っています。コチラ